写真登録枚数

3518

新着情報

中華バギー(ATV) オリジナルLEDウインカーの製作 2

home »中華バギー(ATV) »電源・電装系 » 中華バギー(ATV) オリジナルLEDウインカーの製作 2

いきなり始まったオリジナルウインカー制作プロジェクト。

去年やったピボット部分がいまいち動きが渋い気がするんですよねぇ・・・
あらかた終わったら点検しなきゃですね。

とりあえず整備が終わったら大型ツーリングでもやってみようっと。
最近整備ばっかりで全く乗っていない

さてさて、ウインカーの制作。
まずはユニバーサル基板を切り出します。
秋月で1枚60円程度の一番ちっさい片面ガラス基盤です。

ユニバーサル基盤の切り出し

ユニバーサル基盤の切り出し

ウインカーボディ内部にすっぽり入るけど落ちない大きさに切り出します
リューターあたりで、がりがりっとやればあっと言うまです。

切り出したユニバーサル基板はこんな感じで装着されます。

ユニバーサル基盤の切り出し

ユニバーサル基盤の切り出し

ウインカーボディ内部にちょうど段差があるので大きさを適切に切り出すだけでイイ感じにはまります。
これにLEDを付ければ良さそうです

この状態でふたを付けてみます。

ユニバーサル基盤の切り出し

ユニバーサル基盤の切り出し

問題無く取り付けられそうです。
隙間なども一切無いようです

この基板もそのままでは雰囲気出ませんので、LEDにリフレクターはほとんど意味は無いですが見た目の改善のためにメッキシートを使います。

メッキシート

メッキシート

このメッキシートは、電子工作専用のメッキシートです。
なんで専用かというと、導通素材が使われていません。
その辺のカッティングシートあたりを使用すると導通して、LEDどころか電源にいたるまで全て短絡しますので絶縁メッキシート以外は絶対に使用しないで下さい。

もし手持ちのメッキシートがある場合はテスタなどで導通があるかをテストしてから使用して下さい。
また、表面は導通が無くて内部が導通ありっていうシートもありますので基本的に専用品以外はやめておいた方が無難です。

電子工作用のメッキシートはこちらから購入できます。

ヤフオク!で探す >> 基盤用メッキシート

この非導通メッキシートはなかなか他では売っていないですね。

あとはこのメッキシートで基盤をくるめば基盤がリフレクターになります。

簡易リフレクター

簡易リフレクター

LEDにはリフレクター効果はあまり無いとはいえ、消灯時のクォリティが格段にアップします。
ここは是非付けておきたいですね。

次回は回路を組みます。

関連のありそうなエントリ

この記事に対するコメントはまだ登録されていません。

*


トラックバックURL


※ 管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。


ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
  ブログランキング