写真登録枚数

3518

新着情報

中華バギー(ATV) デファレンシャルギア(デフ)をシャフトに取り替える

home »中華バギー(ATV) »足まわり » 中華バギー(ATV) デファレンシャルギア(デフ)をシャフトに取り替える

リア駆動系デファレンシャルギア(以下:デフギア)をシャフトに交換をしていこうと思います

まず、購入したシャフトが中古のため問題点が無いかを視姦(笑)していきます

リアシャフト

サビなどは結構出てしまっていますが、シャフト自体にもゆがみはないようです
またシャフトのガタツキを抑える対策なども前の持ち主が施してあるようです

強いて問題点を挙げるなら・・・

チェーン引きの錆び

チェーン引きがちょっと錆びすぎててネジ山がなめてしまいそうな気配

この辺は新しい部品を調達しておく方が無難ですね

チェーン引き用ボルト

長いものと短い物があったのでとりあえず両方買ってみましたが、どうやらバギーには長いものの方がぴったりのようです。

あからさまに見て怪しい部品は、値段も高くないのですぱっと新規購入した方が中華は安全です。
それが原因で誘発される故障の方が予想付きにくく、よっぽど怖いおもいをする羽目になることもありますので

 

デフギアとロンスイの取り外し

まずデフギアから、ブレーキキャリパーを外しておきます。

その後、サスペンションのネジを外します。
最後にロンスイの根元のネジ根元を外すだけで一式外すことが出来ます

リアデフギアの取り外し

ちなみに、 デフギアのロンスイと、シャフトのロンスイには互換性はありません。

シャフトロンスイとデフギアロンスイの比較

上記写真の上側のロンスイがシャフト用のロンスイです。
下側 が標準デフギア用のロンスイです。

見てのように全くの互換性はありません
少なくともシャフトとデフギアの切り替えには専用のスイングアームを準備しておく必要があります。

 

リアシャフトの組み付け

といっても、取り外しと逆の手順で組み付けていきます
ロンスイの根元を取り付け、サスペンションを固定します。

最後にブレーキキャリパーですが、デフギアのキャリパーは両輪に制動を加えるWキャリパーです。
ですが、シャフトの場合は両輪のトルク配分はシャフトで繋がっているため一緒です。
そのため、シャフト中央の1箇所で制動を加えるだけで両輪に等しく制動がかかりますのでキャリパーが一つになっています。

Wキャリパーはブレーキホースが途中で二股に分けられている部分がありますのでそのパーツを外して1つのキャリパーにつなぎ替えます。
僕の場合はハンドル交換の際に最大の2100mmの長さのブレーキホースに交換 してしまっていたのでどんなに長いロンスイでも確実に対応可能ですw
そのときの記事 > 中華バギー(ATV) ハンドル、ブレーキホースの交換 ホース抜き取り編

おかげ様でまた時間のかかるエアー抜きですがコツもわかってきたので1時間ほどで抜き終わりました。
キャリパーが一つだと抜くのも簡単ですね

シャフトの取り付け

組み付けが終わったらあとはタイヤを組み付けて終わりです。
それほど難しくなく取り替えることが出来ました

所要時間は、だいたい3時間ほどでした

 

乗ってみた感想

デフギアからシャフトに変えて最初の感想は、ハンドル重たっ

これはハンドルの直進方向の復帰力がかなり強くなっているためだとおもいます
ただ、確かに直進性は強くなっていると思いますが、フロントのアライメントがしっかり設定できていないとやっぱりトリッキーなハンドリングは変わりありません

いろいろな状況を知りたいため、和えてフロントの設定を変えたりして実験もしてみました
その結果、後輪の直進性が向上したからと言っても決して走行自体の安定性が高まるわけではなく、あくまでハンドルの復帰力が強くなるだけなんだと感じました
つまり、フロントの設定はかなり重要で、コレを無くしてはバギーはやっぱりまともに走りません

そんなわけで、復帰力が強いのでステアリングダンパーの強さは最弱にしましたが僕にとってはそれでも重いなぁという感じ
速度が出てしまえば問題無いのですが、低速の鬼重ハンドル はどうも慣れないですね
この辺は乗り手の好みだと思いますが、僕はデフに戻したいと心に誓った瞬間でした

また、これは予想通りですが後輪タイヤへの負担が増大します
特に低速時に小回りをきかせようとしたときに、タイヤを引きずっているような音が出ますのですぐに気になると思います。

れじゃーデメリットだけかいっと思いますが、そんなコトはありません
タイヤに伝わるトルクレスポンスが素直になり、アクセル開けたときのトルク感と加速感はデフギアでは味わえない感覚でした
特に最高速度アップにもつながり、シャフトに変えることで僕はプラス5Kmの最高速度アップが出来ました。

シャフトに交換してちょっとぶらっと

その後10Kmほど近所をぶらっとしてみました。

シャフト化は確かに故障箇所も減るし、トルク感がアップするしメリットとしては かなり大きいと思います
この辺はかなり好みに左右される部分だと思います。

僕としてはミニカーとして乗ったときの小回り感が大切にしたい気持ちもあります。
車で行けなかったような場所に、コイツと一緒に行ってみたい
そんな 欲望に答えて貰うためにも、またデフギアに切り替えたいなぁと思いました

・ ・ ・
何となくそれっぽいこと言っていますが・・・
単純に道を間違ったときに、ハンドルが重いのでリカバリーがしんどいだけとかじゃないんだからねっっ

ま、デフに戻したほうがまだまだいじるところ増えるのでバギーいじりをまだまだ続けたいっていう気持ちが強いのかも知れません。

関連のありそうなエントリ

この記事に対するコメントはまだ登録されていません。

*


トラックバックURL


※ 管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。


ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
  ブログランキング