写真登録枚数

3518

新着情報

中華バギー(ATV) 単管パイプで作る簡単バギーポートの設置 2

home »中華バギー(ATV) »保管場所 » 中華バギー(ATV) 単管パイプで作る簡単バギーポートの設置 2

急遽いきなり始まったバギー用ガレージの制作です。

ホムセンでこの単管パイプの部材コーナーを見ていると、すっげーワクワクする

単管パイプの組み立てっていうと、直交クランプとかで十時に組み付けるのが一般的のようですが・・・
最近は、カチックスなる便利なユニットがあるんですねぇ。

カチックス φ32×φ32

カチックス φ32×φ32

しかも、70円とかやばい安さ
パイプをクロスさせて、この金具をはめてゴムハンでひっぱたくだけでがっちり接続出来ます。
僕が鉄棒のようにぶら下がってもずれないので、なかなかの強度です

なんだかんだで、骨組みまで出来ました。

バギーポートの骨組み

バギーポートの骨組み

ここまで1時間30分ほど。

次にポリカーボネートの屋根を乗っけていきます。
これは、骨組みに合わせて穴空けが必要になるのでビニールテープで、穴空けるラインを印を付けます。
そこに開けていきます。

ポリカーボネートに取り付け用の穴

ポリカーボネートに取り付け用の穴

このポリカーボネートという素材、えらい柔軟性があってかつ頑丈なのでこの山の頂点に開けるのにはコツがいるようです。
一回思いっきり押して、力で凹ませてドリルをオンすると狙ったところに開けられます。
プラスチックとかだと変形させると白くなってしまったりするのですが、ポリカは多少のことではそういった症状は発生しませんね
何回かやっている内にコツをつかんできました

バギーポートに屋根の取り付け

バギーポートに屋根の取り付け

隣り合うポリカとの重ね合わせは、2.5山分重ねれば大丈夫なようです

適切に穴が開けられていれば、あとはパイプの口径にあったUボルトで固定するだけ。
Uボルトには、防水用のパッキンも取り付けられているので基本的にここから雨が侵入することは無いようになっています。

それをコツコツ続けます。。。。

はい、完成です。

バギーボート完成

バギーボート完成

午後から作業始めたわりには、あっという間でした。
これは構想と、設計を考えていた方が圧倒的に長かったですね。

完成したポリカ屋根

完成したポリカ屋根

作業自体は4時間ほどで終わりました

隣のプレハブに固定したので補強パイプを入れること無く強度的にはかなりしっかりしてガタツキもほぼ無しです
なかなかイイ出来だったので、やはり延長と隙間をポリカで埋めていこう!

なんかだんだんと楽しくなってきました

関連のありそうなエントリ

この記事に対するコメントはまだ登録されていません。

*


トラックバックURL


※ 管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。


ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
  ブログランキング