写真登録枚数

3518

新着情報

中華バギー(ATV) ツインメーターギアポジションの高輝度化 中編

home »中華バギー(ATV) »メーター » 中華バギー(ATV) ツインメーターギアポジションの高輝度化 中編

やっと、写真を発掘できました
むしろ日頃写真ばっかり撮っているからあまりに多くて整理が追いつきません

イイワケはどうでも良いので本題に入ることにしましょう

ツインメーターのギアポジションインジケーターの取り外し

ツインメーターのギアポジションインジケーターの取り外し

まずは、ツインメーターのインジケーターユニットからギアポジションインジケーターを取り外しを行いたいと思います
といっても、状況はご覧の通りの有様

何もこんなにホットボンドで固めることないのに・・・

しかし中華製ってなんでもホットボンドで固めるよねぇ・・・
防水の代わりにホットボンド。
空中基盤の取り付けにホットはボンド。
接着剤の代わりにホットボンド。
困ったときはホットボンド。

どんだけホットボンド大好きなんだよ・・・
まぁ、安いし簡単だけど・・・後が酷いよねぇ・・・ホットボンドは。

ネジで締めた方がメンテナンス性も信頼性もあがるのに・・・修理して使うってことを考えていないのでしょうね
愚痴っぽくなってしまいました

そんなホットボンドも、ヒートガンがあればイチコロです

ヒートガン

ヒートガン

ヒートガンだとあっという間ですが、おそらく一般的なドライヤーでもイケルと思います

少しあぶると、ホットボンドはすぐにドロドロになります。

ホットボンドのかすを綺麗に取り除く

ホットボンドのかすを綺麗に取り除く

後々の作業性が悪化するので、ホットボンドのかすなどが残らないように綺麗に取り除きます

取り外したギアポジションインジケーター

取り外したギアポジションインジケーター

無事取り外せました

それでは、コイツを視姦してすみずみまで見てあげることにしましょう。

取り外したギアポジションインジケーター

取り外したギアポジションインジケーター

正面からはこんな感じですね。

 

取り外したギアポジションインジケーター

取り外したギアポジションインジケーター

バックはこんな感じ・・・

あれ??

おかしい・・・

これ以上分解出来る場所がない・・・??

 

 

また中華の大好きホットボンドか??とヒートガンをあてて外れそうな場所を探ったりもしましたが、これ以上は殻割りできず
これ以上内部をいじるためには破壊しか無いようです

 

てっきり制御基板の上に一般的な7セグメイントを取り付けただけかと思っていたのですが・・・
この部品の一部を使うのは諦めた方が良さそうです
そもそも制御基板があったとしても、新しく仕入れた超高輝度7セグメントに対応した電源管理が出来ているか怪しのでちゃんと専用の回路を作った方が後々面倒なことにならないかなぁと判断
せっかく作っても同じ程度の輝度になってしまっては面白くないですしね

では、制作に・・・

と言いたいところですが、記事が長くなったので一度切ります

2回ぐらいで書けるぜ!と思っていたのですが・・・やっぱり写真を貼っていくと記事が長くなってしまいますね。
ジらしてばっかりですが次回は完成します。

・・・きっと

 

では、バヤルテ~

関連のありそうなエントリ

この記事に対するコメントはまだ登録されていません。

*


トラックバックURL


※ 管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。


ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
  ブログランキング