写真登録枚数

3518

新着情報

中華バギー(ATV) スイングアーム ピボット部分ロングボルトに緩み止め

home »中華バギー(ATV) »整備・調整 » 中華バギー(ATV) スイングアーム ピボット部分ロングボルトに緩み止め

先日スイングアームのピボット部分のベアリングの確認時にロングボルトを外したときもちろんナットをハズします。

が・・・

そんなときふと思ったのですが、このフランジナットいつか外れて無くなっていそうな気がするんですよね

スイングアームピボット部分のナット

スイングアームピボット部分のナット

ナットは外れても、このロングボルトは外れるまで気がつかないってことは無いでしょうけどね

スイングアームのピボット部分のロングボルト

スイングアームのピボット部分のロングボルト

というのもナット、ゆるゆるでした
まぁ、細目ネジのフランジナットなのでぽろっと外れるってことも無いのかも知れませんが・・・
逆に言うと無くなると、同じ形状の物はなかなか手に入らないですよね

気になるのはそもそもここって強く締め付けて良いところ?

僕のマシンにはこのピボット部分に共締めでチェーンテンショナーが入っています。
締め付けをきつすぎると、このテンショナーが結構固定されてしまって動きがよくありません。

スイングアームの可動に合わせて動くには動くのですが、それじゃ意味減るんじゃないかなぁ??
だってギャップ拾ったときでしょ、チェーンがたわむのって。
そのたわんだときに適切なテンションでテンショナーが追従しなきゃ一番美味しいところ使えていないよねぇ。

これってピボット部分に対しても一緒で、動き渋くなりそう
かといって、ゆるゆるじゃフランジナットさんの事だから人生探しの旅に出ちゃうでしょう??これ。

これってみんなきつく締めているのかなぁ・・・

というわけで、ここをあまりきつく締め付けなくても良いように抜け防止。

ロングボルトに抜け防止用ピンの穴あけ

ロングボルトに抜け防止用ピンの穴あけ

ロングボルトに2mmぐらいの穴をあけました

それと、フランジナットにも切り込みを入れます。

フランジナットに切り込み

フランジナットに切り込み

あとはここに割りピンを通して完成です。

スイングアーム抜け防止の割ピン

スイングアーム抜け防止の割ピン

これで緩く締め付けていても、まず脱落することはありません
そもそもこの部分にアキシアル方向への力はかからないですからね。

外れないようにロックがかかれば十分だし。

これでスイングアームがぬるぬると可動するようになりました

関連のありそうなエントリ

この記事に対するコメントはまだ登録されていません。

*


トラックバックURL


※ 管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。


ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
  ブログランキング