写真登録枚数

3518

新着情報

中華バギー(ATV) トップケース ストップランプ スモールランプ自作 組み込み編

home »中華バギー(ATV) »荷台拡張・トップケース » 中華バギー(ATV) トップケース ストップランプ スモールランプ自作 組み込み編

前回までにLEDのユニット自体の制作は完了しました
>中華バギー(ATV) トップケース ストップランプ スモールランプ自作 製作編

早速トップケースに組み込みをしていきたいと思います

 

トップケースの準備

トップケース LED組み入れ準備

トップケースにLEDを組み入れますが、リフレクター効果を高めるため基盤にも貼った絶縁メッキシートを貼っていきます
このトップケースはリフレクターとして元々メッキシートが入っています。
そのメッキシートの隙間から地肌の見えてしまう場所に貼っていきました。

ちなみにリフレクター効果と言っていますがLED自体広角のLEDではないので、おそらくリフレクター効果は期待できないと思います
ただ後続車のヘッドライトが当たったときにその光を反射させる効果は有ると思います
余っているので持った得ないので貼ってみた・・・程度と読み替えていただいてもよろしいかと

左右のスモールランプ部分は元々のメッキシートには穴などは開いていなかったので今回のLEDの形になるように三角にくりぬいてあります
無理矢理開けた穴なので、左右のスモールランプの部分にもメッキシートで下地が見えないように貼り付けました

ちなみにスモールランプの取り付けは穴を開けるのも面倒だったのでホットボンドで取り付けをしました

 

組み付け

メッキシートを張り終わったらストップランプ基盤を固定します。
ストップランプ基盤はネジ止めが出来るように元々の基盤と同じように穴を開けてあります

ストップランプ基盤の組み付け

組み付けはこんな感じです。

フィルム挟んだ感じはこんな感じになります。

ストップランプ フィルム

フィルムから覗く部分はメッキでピカピカです。

ストップランプのレンズを取り付けてスモールランプを点けてみました。

トップケース スモールランプ点灯

イメージ通りの点灯です。

続いてストップランプだけです。

トップケース ストップランプ点灯

うん、良い感じに明るい。
これなら昼間の視認性も悪く無いと思います。

最後に両方の点灯です。

トップケース スモール、ストップランプ点灯

無事できあがりました

あとは配線を内部から外に出して、バギーの配線に接続するだけです。
スモールライト信号も、ストップライト信号も純正のストップランプ用に後ろまで来ていますのでそれに割り込ませればOKです。

取り付けた感じです。

後ろから。

中華バギー 後ろから

側面から。

中華バギー トップケース取り付け 側面

うしろから見たときのどっしり感を出したくて大きめのトップケースを選んでみましたが、コレに関しては大正解の選択でした

関連のありそうなエントリ

この記事に対するコメントはまだ登録されていません。

*


トラックバックURL


※ 管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。


ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
  ブログランキング