写真登録枚数

3518

新着情報

picmo.net へ接続できない現象についてお詫び CloudFlare の運用テスト失敗

home »エンジニアサイドブログ » picmo.net へ接続できない現象についてお詫び CloudFlare の運用テスト失敗

12月17日、および 18日と www.picmo.net にアクセスしにくい状態になっていました
アクセスしていただきました皆様に大変なご不便をおかけしてしまいまして申し訳ありません m(_ _)m

土日となかなかサイトを見る時間が取れず発見が遅れました。
友人からの連絡で異変に気がつきました。
いつもありがとう

 

原因について

そもそも、こうなってしまった原因ですが試験的に導入した CloudFlare が現状のシステムとの整合性がとれなかったことが原因のようです

先日 WordPress が 3.3 へバージョンアップしたこともあって、早速当サイトでもバージョンアップをさせていただいたことは先日の記事でご報告をさせていただきました。

そこで、WordPress の最上部に管理バー(? )らしきものが出ているのですが、このバーに「 CloudFlare 」の項目が。
思わずその誘惑に負けてしまいました^^;;

前々から気にはなっていたので、WordPress でも導入すると効果出るかなぁーと安易な考えで導入してしまったもので・・・
つい新しいモノを見ると使ってみたくなるのは良くないですね。
 

症状検証・解決

picmo.net は、NameBase の VirtualHost で動作しているのですが、どうやらコレに原因があったようです。
CDNである CloudFlare には DNS の設定をして、ドメインの DNS を ClaudFlare に向ける必要があります。
設定も終え、しばらく様子見をしていたところ 表示が正常に出来ない現象。

確認してみると、どうも NameBase でのホスト振り分けがどうやらうまく動いていない様子。
VirtualHost ではなく、メインの設定の部分を表示しに行っていますので。

ping などを確認してみると、どうも www.picmo.net は当サイトのIPアドレスではなく別のIPアドレスを指定されているようです。
おそらく CloudFlare の別サーバーのIPではないかと思いますが・・・

取り急ぎ復旧が最優先として、あらかた検証したところでドメインの DNS を元々の設定に上書きして正常に表示されるようになりました。

 

状況考察

そもそもよく仕組みを理解しないところに導入してしまった僕が一番の問題なのですが、やっちゃったので内容の考察を。

  • CloudFlare で設定したIPアドレスなどに誤りはなさそう。
    そもそも使い方が誤っている可能性はありますが
  • ドメインのIPアドレスは、当サイトのものではないIPを指していた。
  • 当サイトは NameBase の VirtualHost を利用して運用されている。

状況から確認するに、当サイトの運用の方法と CloudFlare の仕組みとの整合性がとれなかったことなのは間違いないですね。
ドメインの設定を戻し、IPアドレスが当サイトのIPアドレスを指すようになったあとも正常に表示されませんでした。
それは Apache がドメインの割り当てを認識出来なかったためで、Apacheを再起動することで正常に稼働いたしました。
このことから、Apache が picmo.net のIPアドレスが別のIPアドレスを指していることで名前ベースでの VirtualHost のリンクを切ってしまったと考えるのが妥当ではないかと思います。

実際Google先生に聞いてもNameBaseのVirtualHostでCloudFlareを運用しているというサイトは見つかりませんでした
もしかしたら別のやり方があるのか、そもそもCloudFlareでは名前ベースでの運用に対応していないのかのいずれかになりそうです。
実際、CloudFlareの動作の仕組みを完全に理解しているわけではないので、原因を調べる前にはCloudFlareについてもっと勉強が必要なようです。
せっかくの機会なので、しばらく別のドメインとかを使用して実験とかをしてみたいと思います

またなにかわかったらこちらで書かせていただきます

 

関連のありそうなエントリ

この記事に対するコメントはまだ登録されていません。

*


トラックバックURL


※ 管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。


ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
  ブログランキング