写真登録枚数

3518

新着情報

NEC Erpress 5800Gc サーバーで動作する Linux 環境について

home »サーバー管理・構築 »ハードウェア » NEC Erpress 5800Gc サーバーで動作する Linux 環境について

NEC Express 5800Gc サーバーは、その当時NTT-Xで投げ売りされるなどして結構台数を伸ばしたサーバーではないでしょうか。
現在もNECのエントリーモデルは1万数千円から購入できるスタイルは変わっていません。
その当時サーバーマシンが1万数千円はなかなか無かったので、よくお客様に納品の際にはその価格と信頼性故に飛びついたものでした

今回はメンテナンスで引き上げてきたサーバーをチェックをしながら導入可能なLinuxについて検証させていただきました。

Express 5800Gc の基本的なスペック

  • マザーボード
    GigaByte製 GA-8ICMT
  • 対応CPU
    LGA775 Intel Pentium Prescott CPU
    つまりPentium 5xxシリーズまで
  • チップセット
    Intel MCH E7221
    Intel ICH6R
  • オンボードビデオ
    Intel MCH E7221 chipset
  • LAN
    Intel 82541P1 Taboriii GbE
  • RAID
    RAID 0,1
  • メモリスロット
    DDR SDRAM × 4
  • ディスクインターフェース
    FDD × 1
    IDE × 1
    SATA × 4
  • 拡張スロット
    PCI-Express x1 ×1
    PCI-Express x8 ×1
    PCI 32bit/33Mhz ×2

CPUがPrescottまでの対応になりますので、決してスペックとしては高くありません。

インストール可能な Linux

先ほどCentOS 6.1 を導入を試みたのですが、グラフィックドライバが未対応なためなのか、テキストインストールをしなければなりませんでした。
インストール後ドライバを捜すなり、強引にインストールさせるなどして X を動作させることも出来るかもしれません。
しかしもう古いハードなのであまり手を入れず出来れば手っ取り早く X までインストール可能な Linux ディストリビューションを調べたいと思います。

CentOS

CentOS 6.1 グラフィックが正常に表示されずテキストインストールで正常にインストール
CentOS 5.7 問題無くフルインストール可能
CentOS 4.9 問題無くフルインストール可能

Fedora

Fedora 8以降 グラフィックが正常に表示されずテキストインストールで正常にインストール
Fedora 7以下 問題無くフルインストール可能

RedHat Enterprise Linux

RHEL5以降 グラフィックが正常に表示されずテキストインストールで正常にインストール
RHEL4 問題無くフルインストール可能

以上のような結果になりました。

おそらくは搭載のIntel MCH E7221 chipsetのビデオ機能のドライバの問題だろうとおもいますが、とりあえず検証結果だけを残しておきます。

関連のありそうなエントリ

この記事に対するコメントはまだ登録されていません。

*


トラックバックURL


※ 管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。


ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
  ブログランキング