写真登録枚数

3518

新着情報

Movable Type5でのプラグイン修正

home »サーバー管理・構築 »MovableType » Movable Type5でのプラグイン修正

昨日Movable Type5へ無事バージョンアップを果たしたのですが、やっぱりそのままの移行では使いルプラグインと使えないプラグインがある。

優先順位の高い物、直近で使用すると思われるプラグインをチェックしてみた。

・カテゴリソートプラグイン SortCarFld
正式にMT5に対応したバージョンが存在していたので問題なく対応できた。

・Google Maps 地図表示プラグイン Mapper
とりあえず動いているっぽいです。

・LightBox支援システム LightBox2MT。
当ブログでの画像拡大機能のLightBox(ColorBox)これは日々使うので重要なのですが・・・正常に動作しませんでした。

ある意味一番重要でもあるプラグインが動作しなかったので、修正を試みます。

まずは・・・この部分。

Movable Type5 アップロード

入力フィールドでかっ^^;;
こんなにでかいフィールドはいらないので小さくしましょう。
ソースの57~59行目です。

<__trans phrase="pixels">)
 [ <label for="lightboxgroup">&lt;__trans_section component="LightBox"&gt;&lt;__trans phrase="Use LightBoxGroup"&gt;</label>
  ]

上記のような場所にclass指定をしてあげます。

&lt;__trans phrase="pixels"&gt;)
 [ <label for="lightboxgroup">&lt;__trans_section component="LightBox&gt;&lt;__trans phrase="Use LightBoxGroup"&gt;</label>
 ]

上記のように修正します。

すると

Movable Type5 アップロード

上記のように綺麗なサイズに修正されます。
次に、LightBoxで表示するにチェックをするにしても指定されたサイズで画像が出力されない問題にぶつかりました。
サムネイルはちゃんとサイズを指定するとそのサイズにリサイズされるにもかかわらず、こちらは画像すら出力されません。

ソースコードを見ると異常なところは見あたらないのですが・・・
よくよく見てみると、asset-idの書き出しはMT4では「<form mt:asset-id=”5″~」と表現されていたのが、MT5では廃止されていました。
ちょうどソースコードではこの部分77~80行目です。

if ( $app-&gt;param( 'lightbox_width' ) ) {
my $asset_id = $1 if ( $upload_html =~ // );
if ( $asset_id ) {

この部分は、asset-idをformから取得しようとしているのですが、ここでasset-idの取得が出来ずに79行の判定がTRUEにならずに処理が飛ばされていました。
asset-idは、$paramですでに渡ってきているようなので、下記のように修正しました。

if ( $app-&gt;param( 'lightbox_width' ) ) {
my $asset_id = $app-&gt;param('id');
if ( $asset_id ) {

asset-idをparamから取得するように変えます。
とりあえず、僕はこんな感じの修正で動作するようになりました。

問題ありそうならコメント下さいませ^^



関連のありそうなエントリ

この記事に対するコメントはまだ登録されていません。

*


トラックバックURL


※ 管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。


ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
  ブログランキング