写真登録枚数

3518

新着情報

tiny 2313 パルスジェネレーター コンセプト

home »アベニール化プロジェクト »パルスジェネレーター » tiny 2313 パルスジェネレーター コンセプト

今まで、友人からパルスジェネレーターを借りていましたが・・・

今回本格的に、メーター駆動制御を開発するためにはどうしても、PWM制御について学ぶ必要がありました。

せっかくなので自己学習と同時に、また実用になるジェネレーター回路を開発していきたいと思います。

車速パルスや、エンジン回転パルスはJISで定められているパルスが送られてきます。
車両によって「2パルス」、「4パルス」、「8パルス」などそれぞれ違いがあります。
こういった違いもマイコン上で設定できるようにします。

通常パルス発生回路は、メーターだけに利用されるものではありませんので周波数単位での発信を基本に開発を進めていきます。

以上をまとめますと、
・周波数発信 設定は周波数を指定
・速度計発信 設定は「2パルス」「4パルス」「8パルス」切り替えと「速度」を指定
・回転計発信 設定は「2パルス」「4パルス」「8パルス」切り替えと「回転数」を指定

AVRのプログラム領域が余っていたらデューティ比なんかも設定できれば・・・とは思っていますが今の段階でこれは容量的に怪しいので・・・

今回はAVRでの初めてのちゃんとした開発になるので、とりあえず値段の安いAVR tiny 2313を利用して開発を進めていきます。
そんなわけで、プログラム容量の2Kって結構過酷・・・

I/Fは上下左右のボタンと、20×4の液晶ディスプレイが余っていたのでそれを実装していきます。

関連のありそうなエントリ

    None Found
この記事に対するコメントはまだ登録されていません。

*


トラックバックURL


※ 管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。


ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
  ブログランキング