写真登録枚数

3518

新着情報

PiCMO サーバー

PiCMO サーバーのスペックなどです。

ハードウェア

メーカー HP  Hewlett-Packard
型番 ML110 G6
CPU Intel Celeron G1101
周波数 2.26GHz
チップセット Intel 3420
メモリ PC3 10600E Unbuffer DDR3 ECC SDRAM 2G
HDD SATA 160G RAID-1
NIC NC107i PCI Express Server Adapter (on board)
UPS APC 1500W

このサーバーは、NTT-Xで9800円という超特価で売っていたのですぐに飛びついて買ってしまいました。
このスペックで9800円は安すぎですよね。
この前に使っていたのは、Pentium4 Extreme 3.4Gマシン。
廃熱と電源のくいっぷりは、「周波数を上げれば速くなる」とちょっと安直な路線で売っていたころのIntelの戦略から来るところが大きいかと。

今回のサーバー交換は、スペックを求めての交換というよりも省エネのための交換という方が大きいです。
ML110 G6ではエコワットで調べたところだいたい消費電力が40W前後。
以前のPentium4では、常時100Wほど食らっていたので半分以下にまで省エネとなりました。
サーバーは常時電源が入っているため省エネ性能は非常に気になります。
まだ買って間もないですが、今後の電気料が気になります。
個々であまりにもランニングコストがかかってしまうようですと、自宅サーバーの意味が損なわれてしまいますね。

サーバーの(改)の文字は、なんてことはなくケースを変更しました。
マイクロATX仕様なので他のケースにぽん付け出来るのですが、電源スイッチ信号線やファンコネクタなど独自規格のものもあったので(改)という感じで。
こちらの交換の記録なども追々公開して行ければと思っています。

 

ネットワーク環境

回線種別 NTT Bフレッツ ハイパーファミリータイプ
ONU GE-PON ONU
ルーター NTT-ME MN9300
ドメイン名 picmo.net

一般の環境のためハイパーファミリーでの運営です。
速度はほとんど帯域を使うようなことはないので、十分な帯域が確保されていると思います。
 

 

サーバーソフトウェア

OS CentOS 5.6
ビット数 64Bit
Webサーバー Apache
FTPサーバー Proftp
SMTP Postfix
POP3 Dovecot
SMTP-Auth Vpopmail Auth
ウィルス検知 Clam AV
メールウィルスチェック Amavis
スパム判定 Spamasassin
DB Mysql

現在の最新OSである、Cent OS 5.6で構築してみました。
今まで多くのサーバー環境を作ってきましたが、速度・内容共に高スペックな内容となりました。
ハードウェア環境も64ビット環境に移行して、かなりレスポンスがよいので作業していてとても気持ちが良いです。

これらのサーバー構築記も書いて行こうと思いますが、他の方でより詳しく書いている方も多いので私が構築する上で躓いたところを中心に構築記を書いてみたいと思います。

この記事はコメントの入力はできません。


ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
  ブログランキング