写真登録枚数

3518

新着情報

一眼レフは結構かさばるし、レンズとかそのたメンテナンスグッツだったり緊急の時の充電器だったりと一眼の荷物はかさばる一方ですね。

今までショルダー型のSONY製の純正カメラバックを使っていたのですが、どうしても容量的に入らなくなってきてしまいました。
それと方から掛けているとトレッキングをするときにずり落ちてきて邪魔で仕方がありません。

人の行かないようなところにこそ秘境があるのではないか・・・
そんなことを信じて止まない僕としては行動が制限されるのがあまり好きくないw

個人的に体を動かすのは大好きで、チャリとか乗っているときのように激しく動くときにもどうしてもショルダータイプでは邪魔になります。

ただリュックタイプより、スリングという片掛けのリュックがあるらしい・・・
というわけで調べてみると、カメラを取るときにかなり楽という評判を聞いて試してみることにしました。

購入したのはVANGUARD (バンガード) UP-Rise 43 カメラ用 スリングバッグです。

アマゾンさんで注文した到着したままのバックです。
綺麗にビニールで包んでくれていました。
アマゾンさんの梱包はいつもしっかりしているので安心です。

さて、早速出してみます。

 

スリングバッグは各メーカーから色々種類はでているのですが、まだまだカメラ用のバックは少なくこのバンガードさんのバッグは機能性とデザイン性が気に入って購入に至りました。

さて、それでは各ポケットや荷室のご紹介。

まずバッグ正面のチャックを開けると・・・

薄いものを入れるのに適したポケットになっています。
私はここにレンズクリーナーやレンズ拭きとり紙など比較的平べったいものを入れて活用しています。

続いて、上部の荷室です。

開けると鮮やかなオレンジ色が目に飛び込んでいます。
基本的に荷室の色はこのオレンジ色になっていて、中に入っている部材が目立つような配色にしているそうです。
確かに目立つし一発で何が入っているのかわかります。
カメラ系の部品はだいたい黒色ですもんね。

これはソニー製のバックも同様の配色にしてあってこのオレンジ色も慣れてしまって、個人的には普通色だと物足りなくなってしまいましたw
こちらのバックはしっかりとこの明るいオレンジ。
ここも重要なお気に入りポイントでした。

上部の荷室の奥には、写真のようにメッシュポケットも用意されて利便性を向上させています。

この部分には懐中電灯やリモコンなどちょっと大きなものをいれる荷室として重宝しています。

続いてメインのカメラを入れる荷室です。

 

こちらも鮮やかなオレンジで中の機材が見つけやすくなっています。

この荷室にはレンズ付きの一眼レフを1台、そしてレンズ4本が入るぐらいを想定されて作られています。
仕切りはそれぞれがマジックテープになっていて、全て取り外すことも出来ます。
もちろん自由にレイアウトし直すことだって出来ます。

また、上の荷室と下の荷室を区切っていた壁もこれと同様にマジックテープで配置されていますので本当に全てのレイアウトを決めることが出来ます。

マジックテープは強力なので、一回設置したらはずれてしまうようなことは滅多にないと思います。

僕はこのままの構成で、標準レンズとマクロレンズと望遠レンズを入れてあとレンズ二つ分のスペースは充電器などの機材、あとは液晶ファインターを入れて利用しています。
正直十分すぎる収納力です。

この荷室のチャックはバックの背面にあり、リュックを下ろさないとアクセスできないようになっています。
これは安易な内部部材の盗難をされないための工夫ということだそうです。
正直使いにくいかな・・・と思ったのですが、表面にしろ背面にしろアクセスするときは下ろさないと開けられないのでどっちにしろ使い勝手は変わりませんでした。

そして、このスリングバックの最大のポイント。
背負ったままカメラにアクセスできるように横面にカメラ取り出し口が設置さてれいます。

VANGARD UP-RISE 43
このチャックをあけます。

VANGARD UP-RISE 43

 

プラスチックの留め具とマジックテープを開けると直接カメラにアクセスできます。
これで背負ってそのままリュックを体の前(おなかのあたり)にずらすことでリュックを下ろすことなくそのままカメラを取り出すことが出来ます。
正直この機構はかなり便利で、もう今までのショルダータイプには戻れません^^;;

シャッターチャンスはいつ来るかわからないので、そんなときカメラへのアクセスの良さはカメラバックの重要なポイントではないかと思います。

また、使用頻度によってマジックテープで簡易固定から、チャックをも締めてしばらく持ち歩くモード、また留め具も固定してしっかりホールドという3つの閉め方が出来ます。

マジックテープだけでは心許ないですが、カメラのレンズの部分がしっかりホールドされているのでこのマジックテープにあけるだけの力が加わること自体がまれのようです。
ただ、やっぱり精神衛生上チャックぐらいは閉めておきたいですね。

大切なカメラは間違っても落としたくはないですから。

チャックも二つのチャックを開けるようになっていますが一つの動作で二つのチャックが連動して開けられるように工夫されていてこの点は非常にすばらしいと感じました。

続いて、いざというときの備えレインコートです。

VANGARD UP-RISE 43

VANGARD UP-RISE 43

 

上部荷室の背面に配置されたポケットにはレインコートが入っています。
ちゃんとしたカメラバックにはだいたい付いていますね。

VANGARD UP-RISE 43

これで急な雨でもしっかり対応する事が出来ます。

次に結構便利なサイドポケットです。

VANGARD UP-RISE 43

VANGARD UP-RISE 43

 

 

ちょっとした小物を入れるのに便利です。
僕はここに予備のバッテリーとかを入れています。

長期収納には向かないですが、ゴムで伸縮するサイドポケットです。

VANGARD UP-RISE 43

その場で入手した小さいパンフレットなどを収納するときなどに僕は使っています。

あとメインの荷室の容量が足りない場合など、バックにマチがあって少しだけ広げることも出来ます。

VANGARD UP-RISE 43

 

これでカメラの荷室を数センチほど余裕を持たせることも出来ます。
急に大きなレンズを入れたくなったときとかに使えそうですね。
まだ僕はこれほどなレンズとかは持っていないのでしばらく使うことはなさそうです。
正直マチを広げなくても十分な大きさは確保されています。

背負う綱の部分は留め具で簡単に外すことも出来ます。

VANGARD UP-RISE 43

VANGARD UP-RISE 43

また、スリング状態では背負っているのが心もとないときは3点で止めることが出来ます。

VANGARD UP-RISE 43

これで激しく体を動かしてもバックがずり落ちてくるなどはほとんどなくなると思います。
僕はスリング状態でしか使ったことはありませんが、自転車やランニング程度ではスリング状態でずり落ちてくることはありませんでした。

写真でもみて分かるように背面がメッシュになっていて通気性を意識したこの形も背中に丁度フィットしてずれるのを防いでくれています。

 

VANGARD UP-RISE 43

特に背面中央の空気を通すための溝はかなり効果覿面で激しい運動の後でもムレを防いでくれていたのは驚きでした。
背負っていてもまったく不快感もなく、背負い心地も体にフィットしてとしてもいいです。

VANGARD UP-RISE 43

僕のメインの荷室にレンズとかを収納した写真です。

これでもあとレンズふたつ分収納できます。
僕も2本ぐらいしかレンズ持っていないので。

最後に付いていたタグの説明書です。

VANGARD UP-RISE 43

最近時間も少なく、写真を撮れる機会が少なかったのですがこれから暖かくなってくるので外でカメラを使う機会も増えてくると思います。
そんなときこのバックは非常に重宝しそうです。

一ヶ月ぐらい使っていますが、使い勝手は非常に良い感じです。
バックだけではありますが行動範囲が結構増え、これからの季節今からちょっとワクワクしています。

この機能性で1万円を切る価格というのは正直びっくりしました。
アクティブに撮影をされるかたには是非一押しのバッグです。

タグの説明にもあるようにワンサイズ小さいスリングバックUP RISE 34も用意されているようです。

みなさまもよかったらぜひ使ってみてくださいませ。

商品はこちらから購入できま~す。

紹介した
UP RISE43
ちょっと小さい
UP RISE 34

SONY α55 アイキャップ FDA-EP8AM


待ちに待ったソニーの一眼デジタルカメラα55のアイキャップです。
カメラバックから出し入れをしている時にうっかりと落としてしまいました

SONY α55 アイキャップ FDA-EP8AM

実はコレすごくよく外れやすく、無くなるとファインダーを覗くのがちょっとゴツゴツしたボディがあたって辛いのです
急遽、近所のビックカメラなどを覗いたものの在庫無し。
ネットを徘徊していましたが在庫が見つかりませんでした

そのときSONY Storeでは在庫はないものの予約注文をしていたので思わずカッとなって二つポチってしまいました。
結局注文後1ヶ月も待たされ、やっと届きいたアイキャップです
気がついたら、アマゾンの方が早くに在庫が復帰したという悲しい状況でした

値段も差がないので、買うときや予約するときはアマゾンさんですね。
今回はソニーポイントを利用して購入したので、後悔はしていないハズw

アマゾンさんも在庫無しのようなので、楽天さんとソフマップさんを張っておきます。

【10月6日再入荷予定】アイピースカップFDA-EP8AM α55・α33用

アイピースカップFDA-EP8AM α55・α33用
楽天ソニーショップ

価格:800円(税込、送料別)


アイピースカップ FDA-EP8AM
ソフマップ.com

商品にリンクさせるのって手間がかかりますね・・・
またプラグイン自作しようかな。
 
アイキャップはご覧のようにラバーコーティングされており、これが無いとボディと目が接触していろいろ辛いです。

SONY α55 アイキャップ FDA-EP8AM

今まで、α300では一度もアイキャップは外れることはなかったのですがα55で外れやすくなったためかSONYでもアイキャップを比較的容易に入手できるように単品売りをしているようです。

SONY α55 アイキャップ FDA-EP8AM

まぁ、外れやすいというのもこのツメととっかかりを見ると頷ける気もします。

日々カメラを持ち歩いているのですが、これが外れてしまったことで家でお留守番をすることがおおくなったために何枚か写真が撮れないってこともあって結構不便な思いをしました

もちろん、コレがなくても撮影自体には支障は無いんです。
撮影は背面液晶で確認すればいいだけなので。
ただ電池が小さいα55さんは出来るだけファインダーを覗く癖がついてしまっていて、何となく壊れていると意識的に考えて持ち歩く頻度が下がってしまったようです。

撮影したいときに撮影しにくいのはストレスがたまるので、こういった経験をされる前に予備の購入をお勧めします
さて、またα55さんで写真を撮りに行ってきます 

2011年 上高地 ~夏~


夏休みを利用して長野、上高地を旅してきました

にも恵まれて、思い出に残る素晴らしい長野旅になりました
上高地は午前中だけの行程でしたがとても美しく、まさに神々の住む場所と呼ぶにふさわしい場所でした。

そのときの上高地の写真をあげてみました
よろしければご覧になってください。
フルスクリーンがオススメです

長野の写真もあとで整理してあげます

 




発売したときからずっと欲しかったのですが悩みに悩んで買ってしまいました。
新しい一眼カメラ。

SONY α55  (SLT-A55VL) です。

SONY α55  (SLT-A55VL)

こちらの一眼は、SONYさんが今までの一眼デジタルカメラとは違った切り口で切り込んでくれた製品です。
売りは、高速オートフォーカスと最高約10コマ/秒連写を実現させたことでしょうか。

詳しい技術は、α55のページをご参照ください。
ソニー デジタル一眼 α55

毎秒10コマの撮影ってプロ用のカメラクラスです。
ソニーがこの価格帯で これを実現できたのには、新技術でもあるトランスルーセントミラー技術のたまものです。
これはレンズから入ってきた像(光)を、今までのデジタルカメラでは一度鏡に反射させてファインダーに光を送っていました。
撮影の時は、そのミラーを機械的にポップアップさせて撮影素子にまで光を届けます。
これが一眼レフの名前の由来、内部構造にレフ(ミラー)が入っているもののことです。

新しいトランスルーセントミラーは、その光の道筋自体は大きく変わってはいません。
しかしミラーで反射という従来の部分を半透明のミラーに置き換えました。

半透明にすることで、ファインダーにも光を届け、そのミラーを動かすことなく撮影素子にも光を届ける。
つまり、撮影時にレフの機械的な動作が無くなったので高速に撮影することが可能 になっり、価格も下げ、ボディも小さく軽くできたという本当に素晴らしい発想の技術だと思います。
しかも、このトランスルーセントミラーのおかげで動画撮影時もオートフォーカスが作動すると良いことづくめな仕様なのです。

そのほか、パノラマ写真 、フルHD動画撮影などなど新機能も盛り沢山な仕様です。

そんなα55を早速開封してみます。

SONY α55  (SLT-A55VL)  付属品

まず出てくるのは付属品。

SONY α55  (SLT-A55VL) 梱包

梱包はずいぶんと簡易梱包です。
プチプチで製品がくるまっているとヤフオクのユーザー梱包を 思い出し、親近感が湧くのは僕だけですね

簡易梱包でゴミを減らし、エコロジーを心がけているんだとおもいます。
壊れていなければ僕としては全然問題無いっす。

SONY α55  (SLT-A55VL) 本体一式

こちらが本体一式です。

SONY α55  (SLT-A55VL) レンズキャップ

こんなところまで簡易梱包??
いやぁ、これは単純にコスト削減だと思います。
さすがに、レンズキャップがこれはいただけないのでジャンクの ミノルタ製品のキャップをはめようと思います

一緒に購入していたのが、ハクバさんから出ている液晶保護フィルターです。

SONY α55  (SLT-A55VL) 液晶保護フィルター

液晶付きの製品を買うと 僕はまず最初にこれを購入します。
やっぱり大切につかってあげたいものですよね。

使ってみた感触としては、もうすべてが違う。
今までは、α300を使っていました。
それのステップアップとして購入したこの機体。
シャッター速度、 フォーカス追従、狙った通りに撮影できる、画質が綺麗、シャープネスそのすべてをとっても素晴らしい。
なにより失敗が減った

特にマルチショットNRのおかげで暗い室内でも格段に失敗が減り、綺麗な写真が撮影できるようになりました

初心者にはかなりオススメな一台です。
ただ、α300とは比べものにならないぐらい電池の減りもグレードアップしました

電池だけはいただけませんが、値段も安くなっていますので是非購入されてはいかがでしょうか。
時期的には、α77なる新しい機種も発表されておりますが、値段と内容を見るならα55でも十分な魅力はあるかとおもいます

α55シリーズ


ついでに液晶保護もお忘れ無く^^


夏と言えばひまわりですね。

今年も2011年の筑西 あけのひまわりフェスティバル会場に行ってみました。

あけのひまわりフェスティバル

訪れたのは8月15日でした。
ご覧のように見頃はもうちょっと先の20日以降になりそうです。
ちなみにひまわりフェスティバルの開催期間は、8月21日から29日です。

それでもキバナコスモスは満開でした^^

あけのひまわりフェスティバル キバナコスモス あけのひまわりフェスティバル キバナコスモスあけのひまわりフェスティバル キバナコスモス あけのひまわりフェスティバル キバナコスモス
あけのひまわりフェスティバル キバナコスモス あけのひまわりフェスティバル キバナコスモス
 

ひまわりの方は、まだつぼみのものが多いです。

あけのひまわりフェスティバル ひまわり 筑西 あけのひまわりフェスティバル ひまわり
 

それでもいくつかの種類のひまわりはすでに咲いていました^^


あけのひまわりフェスティバル ひまわり あけのひまわりフェスティバル ひまわり
あけのひまわりフェスティバル ひまわり

あけのひまわりフェスティバル ひまわり あけのひまわりフェスティバル ひまわり あけのひまわりフェスティバル ひまわり
こちらのひまわり畑では、八重ひまわりが100万本植えられているそうです。

前年の記事で、山梨県北杜市の 明野のひまわり畑と勘違いされた方もいらっしゃったようでしたので、今回は筑西と付けさせていただきました^^
ひまわり畑としては北杜市の方が有名でしょうか。

茨城県人としては、こちらをご紹介していますが機会があれば北杜市のひまわりにもご挨拶に伺いたいものですね^^

今回はまだつぼみも多かったので来週また行ってみようと思います。
場所は畑なのでピンポイントでは行けませんが、道を挟んで反対側が公園になっていますのでそちらを目印にされると行きやすいと思います。
公園は「宮山ふるさとふれあい公園」という公園です。
カーナビでも、そちらを設定されると行きやすいと思います。
住所:茨城県筑西市宮山504番地



大きな地図で見る

茨城 写真ギャラリー 2010


僕の住んでいる茨城をちょっと切り取ってみました。

2010年までの写真のまとめてみました。

 

 


まんまるに映る世界


最近雨が多いですね・・・

日中ちょっと雨が急に止んで晴れ間がさしたときにうちの庭がキラキラして綺麗だなーとか、ちょっといつもと違う雰囲気に思えました。
そんな庭の水滴をテーマにちょっと撮影してみました。

まんまるに映る世界

意外とこれが難しい。
オートフォーカスだと合わないので、マニュアルで撮影してみました。

まんまるに映る世界 

こう見ると普段の見る花もよりぐっと魅力的に見えたりしますね^^

まんまるに映る世界

たまに、こんな奇跡的なショットも^^
水がレンズになったようです^^

まんまるに映る世界

アジサイは雨の日の雲の合間から覗く光がより綺麗に見せてくれますね。
カタツムリでも居てくれたら梅雨の雰囲気をもっと引き立てられたと思うのですが・・・
最近ここいらでは見ないですね。

まんまるに映る世界

日頃見えない世界をみるっていう楽しみもまた面白いことだと思います。


あけのひまわりフェスティバル


茨城県筑西市にひまわりの里という場所があり、毎年ひまわりフェスティバルというお祭りがやっているので撮影しながら遊びに行ってみました。

あけのひまわりフェスティバル

気持ちいい快晴で、ひまわりにはもってこいの天気です。

ひまわりフェスティバルの会場に到着。

あけのひまわりフェスティバル

ひまわりフェスティバルと聞いてホントひまわりて感じのひまわりを想像していったのですが・・・
なんかちょっとイメージとは違うひまわりでした。
でも、これもれっきとしたひまわりなんです。

あけのひまわりフェスティバル

僕のイメージしたひまわりはこちらです。

あけのひまわりフェスティバル

真ん中の部分が黒いやつです^^
でも、これも僕がイメージしたひまわりの形はしていますが、大きさとかはちょっと小さめ。
ひまわりって結構な種類があるんですね。
そんなひまわりをご堪能ください。

あけのひまわりフェスティバル

あけのひまわりフェスティバル あけのひまわりフェスティバル あけのひまわりフェスティバル

あけのひまわりフェスティバル あけのひまわりフェスティバル

あけのひまわりフェスティバル あけのひまわりフェスティバル

遠くに見える筑波山のも綺麗です

あけのひまわりフェスティバル

あけのひまわりフェスティバルまた次も行きたいですね。

2 / 212


ブログランキング・にほんブログ村へ