写真登録枚数

3518

新着情報

車改造電気パーツ編


IMGP9587.JPG
ここでは、車の改造がメインですので細かい電子パーツのご紹介はしません。
ダイオードだったりリレーだったりは、その改造の記事の時にたまに紹介したりしますのでそちらもご参照ください。
まぁ、基本的な電子工作の部品チョイスは出来ることを前提に話を進めていますので、そういったものは他のサイトをご覧になってくださいませ。
車の配線加工に必要だったりするパーツのみを厳選しました。
まぁ、基本的に皆様持っているはずです。

(さらに…)

電子作業工具編


IMGP9576.JPG
先程は、基本的な工具を紹介しましたが、今度は電子工作の為の工具だったり、部品だったりを紹介します。
上の写真は、うちの作業スペースです。
デスクをコの字にしてあって真後ろには、パソコンのモニタがあり、調べながらの作業が効率よく行えます^^

(さらに…)

基本工具編


車のあらゆる部品をハズしたりするには、どうしても工具が必要です。
工具は、何かと便利なので一通りそろえておく必要もあります。
僕が今回の改造で使ってきた「持っていた方が良いよ」という工具を紹介します。

(さらに…)

日産エキスパートの仕様


僕の相棒のスペックです。

■相棒のスペック
タイプ 前期型のエキスパート
車名型式 KF-VEW11(通称 W11)
グレード LX-G
駆動方式 2WD (FF)
エンジン YD22DD (NEO Di)
エンジンタイプ ディーゼル
ミッション 5速マニュアル
燃費 18.8km/L

見てのように特に燃費の良さが魅力です。
最近のハイブリッドカー並みの燃費で且つ、ディーゼルですw
軽油なので単価もめがっさ安く、速度を求めず安く乗りたい方にオススメです。
しかも、こんなにボディーがでかいのにですw

まぁ、おかげさまでエコって何?って感じですがw

EGOPROJECT.JPG

こんな素敵なステッカーがぴったりです。(ぁ
排気ガスは酷いですが、とりあえず乗っている方にはいいこと満点です。

税金も年間1,6000円ぐらいです。(4ナンバーですから)
その分、毎年車検ですけどねw

でも、特に全国47都道府県を出来れば愛車で回りたいなんていうバカな計画をしているやつにはとてもありがたい仕様です。

高速走行時、上手くすると満タンで1000kmぐらい行きますw
でもタイヤ変えて以降は、いってもだいたい900kmぐらいかなぁ。

まぁ、満タン90円/Lの軽油だと4500円ぐらいで1000km近く走れるのはかなり素敵ではありますよね♪
しかも、高速道路1000円制度でおかげで走行距離はかなり伸びまくってますw

(さらに…)


電気回路改造は比較的容易に改造しやすい部類です。
特に最近魅力的なLED商品などの面白い光り物が結構出て来ていますね。

でも、油断は禁物!

電気回路は確かに車を走らせるということにはそれほど関係なさそうにも思えます。
でもね・・・
今時の車ってコンピュータとか入って居るから、確実に電源が無くなるとヤヴァいんです。

だから、電気的な簡単な改造だったとしても、ブレーキぐらい重要なパーツの交換と同じぐらいの緊張感で取り組んでください。
取り付けたときは、稼働していた・・・・

でも、走行中何らかの原因でショートし、それがヒューズの取り付けていない為にバッテリーにダメージが行ってしまったことを想像してみてください。
走行中、電源を失った車の挙動はもはや恐ろしい凶器になる可能性があります。
だから、以下の事は必ず守ってください!

・自作のパーツを追加で取り付けるとき、オーディオをバッ直で接続するとき、電源の経路の確認!
・電源のラインには必ずヒューズを取り付ける! 例えそれがどんな小さな省電力回路であっても
・各部品の耐圧限界を必ずチェック!

これをするだけで最悪の事態だけは防げるだけでなく、大切な愛車に致命的なダメージを与えないで済みます。
面倒な作業ではありますが、これはここから以降の記事を読むにあたってのお約束です。

一歩間違えば凶器と化す車を運転し、それを自分流に改造する以上は絶対に守ってください。
いずれにしても、この改造によって発生した損失、損害など当方では一切の責任は負えません。
趣味の作業で慎重に作業することに行き過ぎはありません。
基本、私もそうですが手探りで作業します。
間違いや失敗は常習犯ですw

なので、そんな私からのささやかな教訓でございます。

以上を守って素敵な世界でただ一つの愛車を自分の手で作り出せる喜びをどうぞ味わってくださいませ。


先程の2つの解決方の中から、リレーによる方法を選びました。
というのも、エキスパートはHiも、Loも一系統の電源しか持ち合わせていないのでスイッチから強引に分岐させると電流が大量に流れる可能性があるためです。
それだったら、許容容量を確認しながら新しいケーブルを引き直した方が安心感もクォリティーも上がるかなと。
さて、リレーの利用による回路図はこちら
HID.gif

(さらに…)

HID化の問題点の整理


かといって、ここで諦めるわけには行きません。

だって、「いちまんえん」もしちゃったんだもん。
アベニールのHIDレンズw

この程度で最初から諦めるつもりなんかありませんけどねw

まずは接続するために必要なことをそろえてみましょう。

(さらに…)


で、買ってから気がついたこと・・・
HIDって明るいですよね?
もちろん、明るいです。
明るまくて、冴えるような白さ。

(さらに…)


エキスパートにHIDを取り付けるには二つの方法があります。

1.エキスパートの通常のランプに内部だけH4のHIDを取り付ける
2.レンズごとアベニールのHIDを取り付ける

(さらに…)

4 / 41234


ブログランキング・にほんブログ村へ